本文へ移動
その一歩が看護の未来を変えていく

トップページ

新着情報

日本看護連盟より 新型コロナワクチン接種を推進するための情報提供   
2021-06-10
令和3年6月4日 厚生労働省より通知
(1)薬剤師:予診のサポート(問診、予診の確認(記入の補助を含む)薬剤服用(使用)歴の確認や副反応に関する事前の説明,ワクチンの希釈
 及び シリンジへの充填、接種後の観察
(2)診療放射線技師:接種後の状態観察
(3)臨床検査技師:接種(ワクチン接種のための筋肉内注射)
(4)臨床工学技士:ワクチンの接種希釈及びシリンジの充填、接種後の状態観察
(5)救急救命士:接種(ワクチン接種のための筋肉内注射)、接種後の状態観察
「新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を推進するための各医療機関の専門性を踏まえた対応の在り方について」の中で臨床検査技師及び救急   救命士によるワクチン接種については3条件が示されている。
①必要な医師や看護師の確保ができず、特設会場でのワクチン接種が出来ない状況、②臨床検査技師が及び救急救命士が必要な研修を受講、③被接種者の同意を満たす場合に限り違法性が阻却され、ワクチン接種が可能だと示されました。
神奈川県看護連盟
〒231-0037
神奈川県横浜市中区富士見町2-6
コル二ッシュ横浜2階
TEL.045-263-2801
FAX.045-263-2802
TOPへ戻る