本文へ移動
その一歩が看護の未来を変えていく

トップページ

新着情報

地方議員における看護体験実施報告
2021-04-15
 ナ一イチンゲールの生誕200年の世界的なキャンペーン「Nursing Now]と「看護の日・看護週間」30周年のイベント
昨年、幅広く看護職の持つ力、可能性を幅広く国民にアピールをしていくために、看護連盟では地方議員の看護体験を企画していました。
しかし、コロナウイルス感染症が猛威を振るい、患者家族の面会もできない中での看護体験は延期しなければならない状況でした。
このたび、コロナ禍での看護の現状を知って頂くために工夫をし、看護体験を開催致しましたので報告致します。

日時    令和3年4月13日(火)15:00~17:00
施設場所  医療法人社団慶友会第一病院(救急指定病院 55床)
参加議員  神奈川県 県議会議員  杉山信雄議員(川崎区)田中徳一郎(幸区) 川本学(中原区)
内容    1.訪問時にコロナウイルス抗原検査を実施して臨んだ。
      2.手指消毒の実施体験(会議室で体験)
      3.個人防護具の着脱 (会議室で体験)
      4.院内見学 コロナ対応病床の見学
      5.議員と看護者との意見交換

 名札・ ユニフォームの準備をしました
     病院からのご挨拶
   ビニールエプロンの着用
   手順に沿い個人防護具の着脱を体験 
    陰圧式 吸引時カバーの説明 
神奈川県看護連盟
〒231-0037
神奈川県横浜市中区富士見町2-6
コル二ッシュ横浜2階
TEL.045-263-2801
FAX.045-263-2802
TOPへ戻る