平成30年度神奈川県看護連盟第1回研修会終了

平成30年10月18日(金)13:30~16:50
テーマは「働き方方改革」参加者は50名
2名の講師においで頂きました。

参議院議員 石田まさひろ先生からは―医療のなかでおさえるべきポイントー
高齢社会に向かい、私たち看護職が果たす役割などを分かりやすくお話をして下さいました。
人生100才の時代。そんな現場の中では20代50代80代の看護師が一緒に働いている時代がくるかもしれない。
ナースコールが鳴っても80代の看護師は急いで対応はできないかもしれないが、高齢者の理解は身を持ってできるのではない。なぜならば同世代を生きてきたからだ。
どんなに人工知能が発達しても看護はベットサイドから始まる。私たち看護職が働き方を考えていかなければならない。

日本シングルマザー支援協会代表理事 江成道子先生からは
ー自分らしい生き方・生き方を見出す方法をお話しを伺いました。
シングルマザーとして5人の子供を育てながら起業し、シングルマザーの相談支援をしているとの事です。子供たちの中では看護職や介護職をめざしているこどもがおられるとの事です。
どんな苦労をも楽しんでいるように拝見いたしました。