よくある質問(Q&A)

なぜ看護連盟が必要なのですか?
看護連盟の母体である、社団法人日本看護協会は「質の高い看護の提供」を目的に、会員への教育、福祉厚生等支援活動を通じて日本の看護水準の向上を図るために設立されました。 しかし、看護職が抱える様々な問題の中には、政治的手段によってしか解決できない問題があります。そのためには看護職の代表を国政に送り、看護協会の目指す政策や意見を反映させ、解決していく必要があるのです。 そのため、看護協会は政治団体である日本看護連盟を設立しました。 以来今日まで組織代表を国政に送り、法律の制定や改正・労働条件・看護教育の改善などに大きく貢献しています。

なぜ看護の代表を国政に送る必要があるのですか?
陳情や請願の繰り返しでは、看護問題の解決にはつながりません。看護職の代表を国政の場に送り、連盟と協会が役割分担し、一体となって組織的支援をしなければなりません。
看護職は保健師助産師看護師法など様々な法律に基づいて日常業務を行なっています。そのために私たちの待遇改善、教育や看護制度の改善をするには法律の改正や、制定が必要になります。看護職の国会議員がいることで他の議員の方々に看護の問題を正しく理解していただき解決につなげていくことができます。特に保健医療福祉、教育、国際などの分野での法律に看護の視点を組み込むことができるからです。

具体的な政治活動を教えてください。
◆ 後援会活動
普段から代表議員の政策を看護現場や支援者に伝えたり、看護職一人一人の政治への関心度を高める活動などを行います。
◆ 選挙運動
私達の力で国会や地方議会に代表者を送ります。また看護に理解のある国会議員や地方議員を推薦し、この方々の力も借りて問題解決まで努力します。
◆ 陳情・請願活動
組織としての意見をまとめ、国や自治体の政策に反映されるよう国会・行政官庁・地方議会に働きかけます。

連盟会員は看護協会会員でなければならないのですか?
正会員は看護協会会員であることを定められています。 連盟会員は正会員と賛助会員があります。賛助会員は神奈川県看護連盟の趣旨に賛同していただける方であれば職種・資格等は問いません。 賛助会員が増えることは連盟活動上、大変重要なことです。

私たちでも議員になれますか?
もちろんです。被選挙権の資格を満たしていればどなたでも立候補は可能です。 私たちの団体も先頭に立って現場の声を議会に訴え、よりよい環境を整えるために働いてくださる方を望んでいます。もちろん私たちも全力でサポートいたします。 「あなたも立候補しませんか?」